Tag Cloud

笑える美容室

  • Posted on 5月 27, 2014 at 1:05 PM

私は美容室で過ごす数時間が、なんとも言えず好きです。

もちろん、美容室にはさまざまなカラーがあるので、どのような美容室を選ぶかで大きく異なってくるのでしょうが、私の場合はトークで癒されるタイプの美容師さんがいる美容室に通っています。

先日もこんなことがありました。

GWの予定といった話題になり、アジア方面でも良いので海外に行きたいといった話しをしていたところ、美容師さんが「世界3大がっかり」を知っているかと尋ねてきました。

知らないと答えたところ、実際に行ってみると写真などとのギャップが大きいスポットのことを言うのだそうで、ハワイのカメハメハ大王像や、シンガポールのマーライオンなどがそれにあたるとのこと。

私自身がシンガポールへは渡航経験があったので、それを伝えたら、マーライオンの感想はどうかという話題から、有名なカクテルがありましたよね、といった流れになりました。

美容師さんはシンガポールの有名なカクテルの名称が、なかなか思い出せないらしく、しばし考え込んでいます。

ハサミを動かしながら考えること約10分。

満面の笑みで「思い出しましたよ」と切り出し、「シンガポールスリリング!」と嬉しそうに。

思わず、「シンガポールスリングだから」と切り返してしまいました。

こんなやりとりが定期的に発生します。

しかも真顔で。

美容室帰りには、いつもリフレッシュした感が強いものですが、こんな風に笑わせて貰っていることも、大きな要素なのかも知れませんね。

ちなみに今、気になっているのは新宿のコチラ池袋のコチラの美容室です!

すごくオシャレな雰囲気なので今度行ってみたいと思っています。

イブサンローランとサンローランパリ

  • Posted on 5月 2, 2014 at 11:14 AM

みなさんは「SAINT LAURENT PARIS(サンローラン パリ)」と、いわゆるイブサンローランとの違いは分かりますか?イブサンローランは、言わずと知れたファッションブランドの老舗であり、クリスチャンディオールのデザイナーを務めたこともあるサンローランが、独立後に香水からアパレルやバッグ類まで、トータルに展開させてきた結果、ナオミキャンベルやケイトモスなど世界的なファッショニスタに愛用されていることでも知られています。

他方の「SAINT LAURENT PARIS(サンローラン パリ)」は、イブサンローランのアパレル部門を独立改称したものとなっています。

それでまのサンローランが、高級感溢れるエレガントなラインを中心としていたのに対し、「SAINT LAURENT PARIS(サンローラン パリ)」は野心的な挑戦に満ち溢れており、ロックテイストな作品を精力的にリリースしています。

なお、「SAINT LAURENT PARIS(サンローラン パリ)」のデザイナーは、かつてイブサンローランのメンズラインを手がけていたエディ・スリマンであり、彼が得意とするロックテイストな作品群は、またたくまに市場に浸透し、かつ支持されることで、新たなサンローランを魅力あるブランドとして再定義しているのです。

価格的には10万円以上が中心となるため、頻繁に購入できるものでもありませんが、飽きの来ないデザインと確かな品質は、一生ものとして購入する価値充分だといえます。

コチラのBRINGは古着買取の際にオススメです!!

この時期にぴったりモンクレールのコート

  • Posted on 5月 2, 2014 at 11:04 AM

季節はもう5月になろうというタイミングではありますが、あいかわらず暑い日に混じって肌寒い日がやってきますよね。

今年は異常気象の影響もあってか特にそのような傾向が強い気がしてなりません。

こんな難しい天候の時期に重宝するのがスプリングコートです。

そろそろ初夏という時期であるだけに、スプリングコートというと違和感があるかも知れませんが、ここでおすすめしているのは、重苦しい通勤用のスプリングコートなどではありません。

思い切り明るい色のコートがあると便利です。

そんな彼方におすすめしたいのが、モンクレールのスプリングコート。

このコートの特徴は、なんといってもカラーバリエーションの豊富さ。

イエロー、グリーン、オレンジ、ベージュ、ネイビーといったカラーが取り揃えられています。

こんなコートなら、初夏を思わせる明るい日差しの中でも、むしろ栄えるといえるでしょう。

デザイン的にも普通のスプリングコートとは異なり、フードが付いているものなどもありますので、女性らしい可愛らしさを演出することもでき、通勤用のコートなどとは一線を画した着こなしが可能となりますよ。

なお、モンクレールの特徴として、着るだけでスリムに見えるデザインがあげられます。

細身のパンツなどとあわせれば、とてもすらりとした印象を見る人にも与えることができます。

初夏らしいコートの着こなしができる時間もあと少し、急いでモンクレールのコートを買って、肌寒さを感じる日も快適におしゃれを楽しんじゃいましょう。

ちなみに渋谷のBringさんで買い取り強化ブランドにも指定されています。

カラコン通販は種類もカラーも豊富に揃っている

  • Posted on 3月 25, 2014 at 11:59 AM

目が悪い子だけがコンタクトレンズをすると思っている人も多いですが、ファッションにもコンタクトレンズは愛用されています。

ファッション性の高いコンタクトレンズと言えばカラコンですが、その種類は豊富でカラー展開もたくさんあります。

カラコンはカラーが付いたコンタクトレンズなので時と場所を選びます。

お仕事を持っている人はあまり目立たないカラーである、ブラウンやブラック系が良いです。

またオシャレで個性的なファッションを楽しみたい人にはレッドやブルー等の鮮やかなカラーが良いです。

この様に服装や場所を選んでカラコンを合わせる事でピッタリのレンズを選ぶ事ができます。

カラコンはコンタクトレンズ専門店や取扱店で販売されていますが、種類やカラーの豊富さで選ぶならカラコン通販がオススメです。

オススメはコチラのQUNQUNさん!

カラコン通販では自分がなりたい理想の雰囲気に合わせて選べるような工夫があります。

それはコンタクトレンズの説明書きと共にイメージが掲載されているので、理想の形をより選びやすいように掲載されています。

またコンタクトレンズの取り扱いに関する豆知識やケア方法等、知って得する事も書かれているので、読むだけで知識を深める事ができます。

メガネよりも装着感が無いコンタクトレンズは、オシャレなファッションの可能性をより広げてくれます。

ピンクカラコン

毎日同じレンズでも良し、日替わりでカラーを楽しむのも良し、気分転換に何かを始めるようにカラコンは新しい世界への扉を開きます。

カラコンを使用しているタレント

  • Posted on 11月 12, 2013 at 11:52 PM

テレビや雑誌を眺めていて(あるいは、食い入る様に見ていて)

「この人、キレイだな」と思うこと ありますよね。

そりゃタレントさんだもの。 キレイに決まってる。

という声も聞こえてきますが、多くのタレントさんが実はカラコンを愛用しています。

やはり 容姿を美しく、魅力的に見せるのも仕事の一環ですから、おしゃれセンサーの感度は高いですね。

少しだけ名前をあげさせていただくと

柴崎コウさん、 渡辺麻友さん、 YUKIさん、 沢尻エリカさん、 きゃりーぱみゅぱみゅさん

ちょっと意外なところで 皆藤愛子さんも実はカラコン愛用者さんです。

他にも すでにハーフなのに ローラさんもカラコンユーザーです!

中には 好きなタレントさんのブログなどで ご使用されているカラコンを紹介してる方もいらっしゃるので もし気になるタレントさんがいらしゃる方はチェックしてみるのもいいかもしれませんね!

ブルーカラコンはコチラ

ウェルカムボードを自分で作るか、似顔絵のウェルカムボードを業者に頼んで作ってもらうか。

  • Posted on 2月 12, 2012 at 4:54 PM

手作りで作る場合、文字は、カリグラフィーで印刷し、トレーシングペーパーを使って切り取り、裏に色画用紙を貼って、文字のみ切り絵風にしたりしようと思います。

ウェルカムボードの業者に頼んでしっかりした物を作ろうとも考えています。
ここがやってくれるように似顔絵のウェルカムボードが最有力です。

似顔絵以外で使用した場合の道具は
デザインカッター、トレーシングペーパー、画用紙、額は100円均一で揃えればいいので、費用も抑えることができそうですが、ちょっと悩み中。

良い結婚式にしたいです。

ファイル共用ソフトウエア

  • Posted on 12月 27, 2011 at 7:55 PM

” 元東京大学大学院助手、金子勇被告(41歳)が開発したファイル共用ソフトウエアが、多くの音楽や映像などの著作権を侵し、さらに機密情報の漏洩がなされた事件がありました。
このソフトウエアは、インターネットにつながったパソコン同士が、それぞれのファイル空間(フォルダ)を共有することによって、共同研究者の情報交換に使うことを目的とした発想で作られたのでしょう。
作られた時代(といっても平成14年ですけど)、まだインターネットが普及期であり、それほどセキュリティの問題が一般的ではなかったわけで、セキュリティも甘かったようです。

このソフトウエアが便利だったからこそ、多くの研究者がコピーして使い始め、やがて音楽など著作権のあるファイルまでが共有としてコピーされ始めたことで、問題化してきました。
そして、セキュリティの脆弱さから、機密文書などが同様に外部に漏れる事件に発展し、自衛隊とか警察のファイルが狙われるといった安全保障上の危険も発生してしまいました。

金子氏は、すぐにセキュリティを強化したバージョンに進化させましたが、非管理状態で配布されたソフトウエアの更新は先ず不可能。機密漏えいがさらに深刻な状況になっていきます。

無料で配布されたソフトウエアから、国家安全保障が脅かされるという事態は、これまで経験していない出来事、想定すらされていない事件です。
ソフトウエア技術でさっさと対策を打たなければならない事態だったわけですが、我が国のいつもの悪い癖、「犯人を吊るし上げろ!」ということで、金子氏は訴えられてしまいました。

政府、軍事情報の機密漏えい事件ですから、本来であれば「スパイ防止法」の出番なのですが、サヨクがこの法律を作らせない現状にあって、使った法律は「著作権法違反、幇助(ほうじょ)罪」。
著作権法違反は、このソフトウエアを作った人間ではなく、それを使って著作権を侵したやつが悪いのです。だから苦し紛れに「幇助」をつけたわけですが、やはりチグハグな感じは免れませんでした。

このソフトウエアがホームページ上に公開されたのが平成14年。これを使って映画などを違法にダウンロード出来るようにした、群馬県高崎市の男性店員ら2人は捕まって有罪となりました。
では、開発者にも幇助罪が成立するかどうかが注目されていました。

京都地裁の第一審では罰金150万円の有罪、すなわち幇助罪は成立するという判決でした。そこで金子氏は上告します。
今度は大阪高等裁判所で二審が行われ、そして逆転無罪を出しました。
こんどは検察側が最高裁に上告します。

そしてこのたび最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は「著作権侵害を容認していたとは認められない」として、検察側の上告を棄却、金子氏の無罪が確定したものです。
「被告は、ウィニーを著作権侵害のために利用する人が増えてきたことは認識していたが、多数の者がその目的のために利用していると認識していたとはいえない」という理由でした。

審議は5名の裁判官で行い、4名が無罪評決。有罪とした大谷剛彦裁判官は、「(被告は)侵害的利用の高い可能性について認識していた」としております。

しかし、この事件の本来の問題点は、著作権法違反などよりも、セキュリティの甘さから、自衛隊員のパソコンから軍事機密情報が漏れたこと。同盟国にも多大な迷惑がかかったことではないでしょうか?

ただ、このような情報網からの漏洩は、わざと仕掛けて敵諜報網を混乱させるという使い方もあるので、セキュリティの甘いことを承知で「ガセねた」を掴ませるようにも出来たはずですね。
セキュリティ強化バージョンと並行して使うなど、面白い使い方もあったはずです。

まあ、このような高度な技術を使わなくても、日本には「ガセねた」を本気で発信する放送局とか政治家が居るので、彼の国も混乱して大変なようですが・・・

ちなみにこのWEB制作会社はご存じだろうか?

なかなか評判がよかったので気になっている。

ホームページを作る際には参考にしてみてはどうだろうか。

著:田中 啓文(創元推理文庫)

  • Posted on 12月 23, 2011 at 5:48 PM

著:田中 啓文(創元推理文庫)

普段は音楽以外に興味を持たない、テナーサックス奏者・永見緋太郎。ただ、謎や不思議な出来事に遭遇すると、彼の前では自明のコトになる。

『落下する緑』に続く、ジャズ短編ミステリ第二弾。

自分がサックスを吹くし、ライブのシーンとか楽器の話とか面白く読めるので、それだけで期待してしまう永見緋太郎シリーズ。
これがジャズに全く興味のない人や、サックスとトランhttp://shopbring.jp/の区別のつかない人が読んで面白いのかなと思っていたのだけど、収録作品の「渋い夢」が第62回日本推理作家協会賞を受賞したと書いてあるのでそれなりに受け入れられるのだなと。

表題作の「辛い飴」は不覚にも涙腺が緩んでしまった。
あんな想いで音楽を続けられたら嬉しいなと。

この本、面白いよ。

覚え書き的な雑記。 現状の山用

  • Posted on 12月 17, 2011 at 10:49 PM

覚え書き的な雑記。

現状の山用装備

上半身アウター◆
ECWCSパーカー(軍用。非常に頑丈。満足。ちと重い)
オレが買った頃は迷彩柄以外は黒しか国内に入ってなかった。
今じゃODとかコヨーテとかある。悔しい。

ミドルレイヤー◆
Goldwin ゴアテックスインナーシェル(バイク用。防風性大。カコワルイ)
HEADフリースベスト(ホムセン安物。軽量なのでタイチフリースのエンパワメントに)
RS Taichi マイクロフリース(バイク用。薄く軽く動きやすい。まずまずの防寒性能)

ベースレイヤー◆
Puma 速乾SST(柔らかい。着心地◎)
 or
Millet 速乾SST(頑丈。通気性◎)

下半身極寒、風雪時アウター◆
RS Taichi ドライマスターパンツ(低グレード商品のくせに防水性能、動きやすさ高得点)
ユニクロのMA1風中綿パンツ(超安物。意外と使い勝手は良い)

下半身行動時アウター◆
SOUTHFIELD ストレッチトレイルパンツ(本来は3シーズン用。動きやすい)

下半身ベースレイヤー◆
MCN ストレッチタイツ(安価だが高性能。とにかくサラサラの履き心地)
極寒時→Goldwin 起毛アンダータイツ(バイク用。分厚い。行動時は汗かく)

足元◆
トレクスタ トレッキングシューズ(軽く歩きやすい ちょっと硬め)
5本指クールマックスインナー(あるとないとじゃ大違い)
厚手ポリエステルソックス(及第点)
極寒時→Goldwin ゴアテックスソックス(温かいが分厚い…のは、しょうがない)

今後必要な小物◆
バラクラバ(やっぱり頭と顔が寒い)
防水グローブ(ホムセンのとか色々試したが1層でなんとかするのは無理と分かった)
予備インナーグローブ

インナーダウンジャケット系(プリマロフトが現実的かな…)
 or
ソフトシェルジャケット(民間用は馬鹿高い。結局米軍用か?)

とにかく停滞時、キャンプ設営時などの夜間が寒くてツライ。
他人のペースに合わせると暑いか寒いかしかない。
冬山で大汗をかかされるのは避けたい。危ないから。
何層も重ねていると脱ぎ着に時間を取られる。
あまり誰も気にしてないことだが、脱ぎ着を頻繁に行い時間がかかるのは危険だ。何かを落としたり破壊したり失念したりなどの確率を高める行為だからだ。
結論。ミドルレイヤーに一工夫必要だ。

単に安く効果が上がりそうなのは、ECWCSパーカー用フリースライナーかな。
でもアレはゴツ過ぎて行動時に着れないし。ザックに入れても超かさばるので食指が動かない。

米軍の、あるいは民間用ソフトシェルジャケットを行動時のアウターにしてしまえば通常はECWCSパーカーをザックにしまっておける。…が、高いネー。

停滞/キャンプ時はダウンかプリマロフト系ジャケットを挟みたい。
どちらも軽く小さく圧縮できるので喉から手が出るほど欲しいが、買う余裕は微妙だ。
12月~1月は、「クリスマスと正月」という「働く者に超手厳しい地獄」のシーズンインだからだ。

余談だがオレは子どもの頃にマトモなプレゼントをもらったことがない。
クリスマスと正月には何の期待も喜びもないまま、社会人になってしまった。
社会人になってしまえば、クリスマスや正月などは、働けば働いた分だけ、生き血が抜けて行くように時間とお金を浪費させられる悪習慣としか思えなかったりする。
こんな習慣、滅びればいいのに。(ちょっとばかり本気だ)

ダウンジャケットなんか、古着通販shopで安いのをてきとーに買えば、と思わないでもないが、以前、5月に四国の瓶ヶ森林道で野営した時、寒いのでいただきもののわりあい高級なグレードのダウンジャケットを着たが、見事に全然ぬくくならなかった、という経験がある。
オレは悟った。衣類の高級さは、衣類本来の信頼性に比例しない、と。ま、その頃バブル景気の時代だったから、余計に「定価ばかり高いゴミ」が世に氾濫してたからなー。知識不足を呪ったが、それでも風邪をひかなかったのは、単にオレが若くて野獣なみの体力を誇っていた年頃だったからだ。

余裕があれば行動時のパンツの冬用が欲しいな。
ドライマスターは良いパンツだが、やっぱりバイク用。動くと蒸れるんよね。
こちらも米軍のソフトシェルパンツが比較的手頃な価格であるが、迷彩柄しかないんよね…;
そして民間用は、馬鹿高い。

娘用の装備は、シュラフをもう少ししっかりしたモノにすべきか。
氷点下にならなければコールマン(凍るマン)のキッズマミーが丁度良いが、雪中は無理だろう。あのメーカーの製品にそこまで信頼を置くのは自殺行為である。
とはいえ、シュラフカバーとウールの毛布を併用すれば、まぁなんとかなるかなと思うが、それでも限界は-5℃までかな。山で一気に-10℃以下とか、わりと普通にあるだろうから。

冬のレイヤリングの運用は何かと知識と注意力を必要とするが、とにかく子どもはそんなのお構いなしに行動するだろうから、最悪の場合はダウンジャケットをびしょ濡れにする可能性も視野に入れておかねばならない。バックアップの衣類を携行するしかないだろう。
そして残念なことに、うちのチビが着れるサイズの米軍装備は存在しない。(笑)

うむ。
悩ましい。

Hello world!

  • Posted on 10月 14, 2011 at 2:13 AM

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Top